編集

Lenovoの名機「ThinkPad X230」を中古で購入しました

 

Lenovo ThinkPad X230

お久しぶりですこんばんは。草井真良です。

先日私は大阪日本橋でLenovoの「ThinkPad X230」という、約9年以上前のノートパソコンをLinuxを入れてテストする用途で購入しました。

今回はそれについて語ろうと思います。



はじめに

まずThinkPadとは何か知りたい人は以下の過去記事を読んでください。


Vtuberが唱えるThinkPad(Lenovo)のすすめ

こんにちは。 先日ノートパソコンのメモリを64GBにしようと中古パソコンショップに入った所、中古の32GBのメモリが 11000円→13000円と約2割増になっていて買う気が消し飛んだ 草井真良です。 今回はLenovoのパソコンのブランドの1つ、ThinkPadについて紹介した...


要するに安くて頑丈でメンテナンス性が高さを売りとしているノートパソコンのブランドです。

その中でもX230は前機種のX220の高いメンテナンス性はそのままに、CPUを乗せ換えてUSB3.0ポートを2つ搭載する事に成功したモデルとなっております。


PCコンフル なんば店 ThinkPad


それを購入したのは「PCコンフル ヲタロード先っちょ店」です。

パームレストが破損したものを11000円で購入しました。


じゃんぱら大阪本店 ThinkPad


また後述しますが、X230は底面からメモリの増設が簡単にできるので、追加のメモリを「じゃんぱら大阪本店」で購入しました。


DDR3L-1600 4GBのメモリ2枚を2560円で購入しました。

8GBにしようとも思いましたが、Linuxのテスト用途として値段と性能のバランスが釣り合ってないと判断して止めました。

性能が良すぎると要求スペックが分からなくなると判断したからです。



ThinkPad X230本体について


Lenovo ThinkPad X230 中古 名機


本体を見てみましょう。

スペックは以下の通りです。


CPU Core i3-3320M(2コア 2.6GHz)

メモリ 4GB(2GB*2)

ストレージ 128GB(SSD)

画面 1366*768(TN液晶HD)


サイズは12.5インチと結構小ぶりで、左下のパームレストは破損しています。

ですがこの機体はパーツが多数出回っており、パームレストの部分も例外ではありません。

こちらのブログでの記事にパームレストの調達方法と交換方法が載っています。


Lenovo ThinkPad X230 中古 名機


天板です。

XやTシリーズは高級志向の機種であり、安価なEシリーズと比較すると高級感のある仕上がりとなっております。


Lenovo ThinkPad X230 中古 名機

左側面です。

見えにくいですがUSB3.0ポートが2つと拡張カード、VGAとMiniDPがあります。

MiniDPってこの時代には結構珍しいと思います。


Lenovo ThinkPad X230 中古 名機


右側面です。

SDカードと常時電力が流れているUSB2.0と有線LAN、ヘッドホン端子とストレージ格納ポート(後述)と、セキュリティロックがあります。


Lenovo ThinkPad X230 中古 名機


背面です。

バッテリーと充電端子があります。結構シンプルだと思います。


Lenovo ThinkPad X230 中古 名機


底面です。

メモリにアクセスできる小蓋とバッテリー、先述した2.5インチのストレージにアクセスできる小蓋(画面左側にネジで留めてある)があります。

X230の紹介はここまでにして、メモリの交換に入りましょう。



メモリ交換

じゃんぱらで購入した中古メモリを用意しました。

1.35Vの低電圧メモリ2枚です。


Lenovo ThinkPad X230 中古 名機


交換前に起動画面からF1キー連打でBIOSに入り、そこでメモリを確認すると4GBとなっています。


Lenovo ThinkPad X230 中古 名機


スイッチで固定されているバッテリーを外して、メモリの交換に移りましょう。


Lenovo ThinkPad X230 中古 名機


画像中央部の小蓋のネジ2つを外せばメモリにアクセスできます。


Lenovo ThinkPad X230 中古 名機


DDR3の定格電圧、2GBのメモリ2枚が刺さっていました。


Lenovo ThinkPad X230 中古 名機


メモリの両端の固定金具を左右に広げてメモリを外します。


Lenovo ThinkPad X230 中古 名機


メモリを差す場合は端子に差し込んで、上からカチッと鳴るまで押し込めばOKです。

ASUSのゲーミングノートとやり方は同じでした。


https://www.kusaimara.com/2022/08/asustuf-gaming-f15-2021ssd.html


蓋とネジを元に戻して、BIOSからメモリを確認すると8GBに増えています。

これでメモリ増設は終わりです。



最後に

私は中古で色々なThinkPadを触ってきましたが、今はともかく昔のThinkPadのメンテナンス性の高さには舌を巻くばかりです。

時代を下っていくにつれて軽量化のためにメンテナンス性を犠牲にする(メモリのオンボート化など)事になっていきますが、それでも頑丈で修理や改造がしやすいブランドには間違いありません。

個人的にわがままを言わせてもらえれば、X230くらいのサイズ感とメンテナンス性で最新のスペックのThinkPadを出してもらえたら買いたいと思います。



本当にいいブランドなので、気になったら上の画像リンクからThinkPadを見てくださると励みになります。



この記事が面白かったと感じた方は他の記事も見る、もしくはここにコメントをください。

他にもアマゾンや楽天の広告から商品を買ったりしてくださると収益が入るので励みになります。

欲しいものリストや仮想通貨での投げ銭も嬉しいです。


お読みいただきありがとうございました!